COMME des GARCONS 

I haven’t been out anywhere recently, so I don’t have any new news.
So I thought I’d write an article about clothes, one of my hobbies.
This time, I’d like to introduce COMME des GARCONS, which has a shop relatively close to WeBase Hakata. COMME des GARCONS, which means “like a boy”, was founded by a female designer named Rei Kawakubo and debuted at the Paris Collection in 1981. It was at the Paris Collection in 1981 that Rei Kawakubo and other Japanese designers launched their first black-centred collection, which was highly praised by the fashion world. The top designers of the time, such as Yohji Yamamoto and Issey Miyake, had a different perspective on the Japanese fashion world during the bubble economy period, which was to place a strong emphasis on the spiritual and cultural aspects of fashion. This is one of the reasons why their shops have such a unique atmosphere. There are very few shops as big as the Fukuoka shop in the world. It’s worth a visit, like looking at a work of art.

WeBase 博多から徒歩圏内、COMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)。
「少年のように」という意味を持つこのブランドは、川久保玲さんという女性デザイナーによって立ち上げられ、81年にパリコレデビューします。今でこそ当たり前な全身黒色のファッションは、当時のファッション界ではタブーでしたが、81年のパリコレで川久保玲を始めとした日本人デザイナーが打ち出した黒中心のコレクションが与えた衝撃によって初めて認められたのです。この当時のトップデザイナー(山本耀司氏や三宅一生氏)などは、バブル期の日本ファッション界において一味違う視点を持っており、それは洋服以外の精神的な部分や、文化的な面に強い意識を置いていたということです。その影響もあり、彼らのブランドの店舗には独特な空気観が立ち込めているのです。福岡店ほど大きな店舗は、世界でもかなり少ないと思います。行く途中の道にはお寺や小さなおしゃれスポットが意外と満載です!
一度、歩いて行ってみては??(*^^*)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です